住宅ローン低金利時代に固定にするかの決断を迷う

今は「底値」とも言われるぐらいに、低金利時代だと言われています。ですからこそ、住宅ローンを固定金利にするか非常に迷ってしまうのです。そりゃあ一昔前に比べましたら、今の時代に住宅ローンは固定を選ぶ人もずいぶんと増えた印象です。

 

しかし住宅ローンの金利には、いまだに変動を選ぶ人の方が多いという印象はありますからね。そしてだからこそ、やっぱり住宅ローンの金利は「固定型」か「変動型」で非常に迷ってしまうのです。

 

これで固定が有利で固定型を選ぶ人が多いのでしたら、迷わず固定型を選ぶでしょう。しかし、「今は底値だと言われているし、住宅ローンは固定がイイヨ!」という声があるにも関わらず、やはり変動型を撰択する人が多いものですから、素人的には「なにか裏があるんじゃないだろうか?」などと思ってしまうわけです。ですから、変動型をストレートには選べないでいる人も多いのですよね。

 

そして「とりあえず変動で」という形になってしまうのです。ですからこそ、住宅ローンは借り主の性格によるところの撰択も大きいのだなぁとは感じます。もしも不安が大きいタイプならば、大多数の人のように「とりあえず変動」で、借り換えをしやすい住宅ローンを出している金融機関で契約するのもアリでしょうか。