住宅ローンの審査が通らないと不動産売買契約はどうなるのか

1000万円以上の価格になる不動産を現金一括で購入することはあまりありません。一般的に住宅ローンを利用して、不動産購入資金を融資してもらいます。住宅ローンを利用して不動産を購入する場合、住宅ローンの手続きと不動産売買契約の手続きを同時に進めます。

 

まず住宅ローンを利用できるか否かを判定してもらうため、仮審査を受けます。仮審査に通過できたら、不動産売買契約を締結し、本審査を受けるという流れです。

 

しかし住宅ローンの仮審査では問題なくても、本審査が通らないという場合もまれにあります。このような場合、不動産購入資金を調達できないので、買主側は代金を支払えません。そのため不動産売買を実現できない状態になってしまいます。

 

そこで住宅ローンの審査が通らないと不動産売買契約はどうなるのでしょうか。このような場合、原状回復に服して契約を解除できます。不動産売買契約には住宅ローン条項というものが定められており、それにより違約金や遅延損害金を支払うことなしに解除できるのです。